インプラント|徳島県鳴門市の歯医者なら、JR鳴門駅より徒歩5分の東洋歯科医院。女性院長・女性スタッフによるやさしい歯科医院です。

診療時間
09:00~13:00
14:30~19:00

※木曜日は不定休のためお問い合わせ下さい

  • 車駐車場8台完備
  • 電車JR線鳴門駅より徒歩5分
  • バス徳島バス成徳高校前で下車
ご予約・お問い合わせはお気軽に
088-685-1251
〒772-0002 徳島県鳴門市撫養町斎田字北浜36 [MAP]
メールメールでのお問い合わせ

インプラント

IMPLANT

インプラントとは

インプラントとは、なくしてしまった歯のかわりにアゴに埋め込む歯のこと。
人工の歯根を骨に埋め込み、その上に天然の歯のように自然な外観の人工歯をかぶせる仕組みです。

骨にしっかり定着させるため、まるで自分の歯のように使えることから「第二の永久歯」とも呼ばれています。
歯は歯茎から出ている部分の下に、歯茎の中に太い2本の歯根をしっかり食い込ませています。

インプラントの特徴

インプラントの特徴

インプラントが画期的なのは、歯肉を切開してアゴの骨に穴を開け、そこに人工的な歯根を埋め込むことで、天然の歯と同じような機能を生み出せる点。
インプラントのように、歯の根っこを生み出す治療法は今のところ他にないのが現状です。

インプラントとは、アゴの骨に埋め込んで歯根と同じ働きをする人工歯根と、歯茎の上から見える人工の歯、その2つをジョイントするアバットメントの3パーツからできています。この3パーツをどのように入れるかによって手術回数や治療期間が大きく変わってきます。

インプラントの安全性

インプラントの安全性

インプラント体は、骨折したときなどに整形外科で治療する際に使用されるボルトやナットと同じ素材である、チタンで作られています。 そこから分かるように、チタンはアレルギーなども起こりにくく、体に調和する素材です。

インプラント治療を受けた後、適切なメンテナンスを行うことが出来るのであれば、半永久的に第2の永久歯としての機能を維持することも不可能ではありません。

ただし、手術・治療にリスクのないものはありません。
事前の検査が不十分であったり、患者様の全身状態の確認が不十分であった場合など、適切な施術が行われなかった結果、再手術が必要になる事例もあります。

当院では、信頼性の高い ノーベル社とオステム社のインプラントを使用しています。

インプラント治療の流れ

①精密検査と治療計画の確認

インプラント治療を行うには、施術前にどれだけの歯が失われているのか、今ある歯がどんな状態なのか、骨格や骨の硬さ、大きさ、かみ合わせはどうなっているのかを正確に把握しておくことが非常に重要になります。

最初にレントゲンやCTスキャンなどを使って、1人ひとりの口腔環境や骨格を確認し、治療方針を決めていきます。その上で、どのような形で施術が行われるのか、治療法や料金、通院期間などのカウンセリングを行い、患者同意のもと治療がスタートします。
骨の強度が足りない人は、ここで造骨手術などの相談も行います。

②1次手術

通常、インプラント治療における手術は2回に分けて行われます。
1次手術では歯茎を切開してアゴの骨を削り、歯の土台となるインプラント(人工歯根)を埋め込みます。局所麻酔が使われますので痛みはほとんどありませんが、痛みが不安な方には無痛鎮静法などさまざまな麻酔法が用意されています。手術時間は1~3時間程度。入院などは必要なく、すぐに日常生活に戻れます。

③定着期間

1次手術の後、消毒や抜糸などのプロセスを経て、インプラントが骨としっかり結合して定着するまで、約3~6ヶ月ほど時間をあけます。

④2次手術

インプラントが定着したところで、埋め込んだインプラントの頭を出し、「アバットメント」と呼ばれる連結部分の装着手術を行います。

⑤人工歯の装着

歯茎が治った時点で歯の型取りを行い、歯の形や色、歯並びを確認しながらインプラントの上にかぶせる人工歯を作ります。2次手術から約1~6週間後に人工歯をかぶせてインプラント治療は完了です。

徳島県鳴門市の歯医者なら、JR鳴門駅より徒歩5分の東洋歯科医院。女性院長・女性スタッフによるやさしい歯科医院です。

〒772-0002
徳島県鳴門市撫養町斎田字北浜36 [MAP]
TEL:088-685-1251
休診日:木曜・日曜・祝日

徳島県鳴門市の東洋歯科医院外観

診療時間
09:00~13:00
14:30~19:00

※木曜日は不定休のためお問い合わせ下さい

メールメールでのお問い合わせ

pagetop